林 敏弘 プロフィール

略歴  
1954年 千葉県船橋市生まれ
1977年 早稲田大学理工学部物理学科卒  同年 事務機器メーカー入社
1983年 学生時から中断していた写真活動を再開
1986年 写真家、北井一夫氏(第1回木村伊兵衛賞受賞作家)と出会う
1988年 モノクローム写真の制作を独学で始める
1992年 写真家、栗田紘一郎氏(モノクローム・ファインアート・フォトグラファー)に出会う
1993年〜95年 栗田紘一郎氏(NY在住)のワークショップ(国内、NY等)に参加。ファインアートプリント習得
本格的にモノクロームで制作活動にはいる
1997年 ピンホール写真家のエドワード・レビンソン氏(千葉県在住)に出会う
1998年 同氏のワークショップ参加をきっかけにピンホールカメラにて作品制作を始める
2007年〜 ピンホール写真芸術学会 理事  (再任)
2014年7月〜 公益社団法人 日本写真協会 会員
 
著作  
2015年11月 写真集 「流れる時間と遊ぶ光」  ヴィッセン出版 
 
個展  
2000年11月 ピンホールふなばし(都市の境界)」 東京写真文化館 (東京・赤坂)
2003年4月〜6月 "Urban Sentiments"(Pinhole Flair) FOTOSPHEREギャラリー  ニューヨーク
2005年4月〜5月 「Urban Sentiments U」  ギャラリーRoonee (東京・四谷)
2005年6月 「Urban Sentiments U」  ギャラリーまるさんかくしかく (京都・東山区) [同上巡回展] 日本針穴写真協会発足記念企画
2005年7月 「Urban Sentiments U」  東川写真文化ギャラリー (北海道・東川町) [同上巡回展]
2005年7月 「Urban Sentiments U」Selected  道草館 (北海道・東川町) [東川フォトフェスタ・プログラム]
2005年8月 「Urban Sentiments U」  IPSXMagnetギャラリー (神戸・中央区) [同上巡回展]
2016年8月 「流れる時間と遊ぶ光」 ArtGallery M84 (東京・銀座)
 
主なグループ展  
1986年〜2001年 船橋市写真連盟展   船橋スクエア21
1996年 高根・三咲フォトサークル合同展 船橋スクエア21
98、02、03年 同上
2000年11月〜12月 フランス・リール市立図書館企画展「Stenopephotographie」(ピンホールカメラ)
2001年2月 演劇「歯車違反」コラボレーション展示  東大駒場キャンパス
2002年6月 第13回美術工芸作家協会展 (アートガーデンかわさき)
2002年10月〜11月 イタリア・シエナ市 Visionaria展 「Senza Obiettibo」(ピンホール企画展) Santa Maria della Scala Museum
2003年6月 第14回美術工芸作家協会展 (アートガーデンかわさき)
2004年〜2006年 第15回〜第17回美術工芸作家協会展 (アートガーデンかわさき)
2006年8月 紋別市ピンホール写真グループ展
2007年5月〜6月 京都Prinz「Pin Hole Lover」 PPAS:ピンホール写真芸術学会設立記念特別展
2008年5月 PPAS企画展「○」 (Roonee 東京四谷)
2008年5月 PPAS企画展 (Gallery i 京都)
2008年8月 オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバル (紋別博物館)
2009年6月 PPAS京都ピンホールフェスティバル 協賛グループ展「Interface」 (京都:エイエムエスギャラリー)
2009年6月 安曇野市 ピンホール写真展 (豊科地区 サティ エントランスホール)
2009年7月 紋別市 ピンホール写真展 (紋別博物館)
2010年6月 2010ピンホールフォトフェスティバルin九州 (福岡県朝倉市 共星の里、原鶴温泉「パーレンス小野屋)
2010年8月 PPAS会員展 (シリウスギャラリー 東京新宿)
2010年10月 4人展(中国人作家と韓国人作家と) 英国ブライトン
2011年3月 東日本大震災義捐の写真チャリティーオークション出品 (禪フォトギャラリー 東京六本木)
2011年6月 2011ピンホールフォトフェスティバルin川崎 (川崎市民ミュージアム 神奈川)
2012年6月 2012ピンホールフォトフェスティバルin東川町 (東川町文化ギャラリー 北海道)
2013年8月 ピンホール写真芸術学会会員展 「微光の描写」 (ギャラリーコスモス 東京目黒)
2014年7月〜8月 公募展「人それぞれ」 (ArtGallery M84 東京・銀座)
2014年11月〜12月 ピンホール写真芸術学会会員展 (アルテピアッツア美唄 北海道)
2015年1月 公募展「人それぞれのアート」 (ArtGallery M84 東京・銀座)
2015年7月 公募展「アートの競演」2015初夏 (ArtGallery M84 東京・銀座)
2015年12月 ピンホール写真芸術学会会員展2015年度「微光の描写」 (京都・Gallery i)
2016年1月 公募展「アートの競演」2016初春 (ArtGallery M84 東京・銀座)
2017年1月 公募展「アートの競演」2017睦月 (ArtGallery M84 東京・銀座)
2017年3月 ピンホール写真芸術学会会員展2016年度「微光の描写」 (大阪・CASO SpaceX)
2017年8月 New 公募展「アートの競演」2017葉月 (ArtGallery M84 東京・銀座)
 
教育・ワークショップ  
2002年8月 船橋市 公民館東部ブロック共同企画
夏季親子教室 「ピンホールカメラを作って、撮ろう」講師  (対象:小学3年生〜6年生)
2003年4月 Pinhole Photo Workshop in New York on WPPD  FOTOSPHEREギャラリー  ニューヨーク
(第3回 全世界ピンホール写真デー)
2003年7月 京都造形芸術大学の写真コースに、ピンホールカメラ原理を教材として提供
2004年5月 愛媛県総合科学博物館主催ピンホールカメラ製作ワークショップ用教材へ原稿提供
2004年7月 渋谷区 恵比寿社会教育館にて「夏休みちびっこ教室」でピンホールワークショップ講師 (対象:小2〜小6)
2008年8月 オホーツク・紋別ピンホール写真フェスティバルにて エリック・レナー氏 ナンシー・スペンサー氏講演の通訳サポート
2008年8月 安曇野市豊科公民館「夕涼みセミナー」にて講師 「ピンホール写真の魅力 〜スローフォトで癒されよう〜」
2009年5月 横浜開港150周年企画 「幕末明治期の川崎とニッポン」親子たいけん教室(川崎市市民ミュージアム) 講師
2009年7月 安曇野市 親子教室「ピンホールカメラを作って遊ぼう」 (豊科公民館) 講師
2010年8月 日本科学未来館 子供向けのリコー企画 「フォト・ワンダーランド」に作品画像等データ提供で協力
2011年8月 横浜市中川地区センター 「ピンホールカメラを作ろう」 講師
 
主な受賞  
1999年 船橋市写真展 市長賞 (モノクロ単写真部門 最優秀賞)
2000年 Millennium Photo Project Canada (Time Capsule Winner)
2002年 美術工芸作家協会展  美術工芸作家協会賞(最優秀賞)
  *その他 入賞 入選多数
 
出版・報道  
1986年 朝日新聞(地方版)
1988年 サンケイ新聞(全国版)
1990年 読売新聞(地方版)
1992年 ふぉとふなばし(市写真広報誌)寄稿
1999年 ふなばし朝日 及び 船橋市民新聞
1999年 東京書籍 「プラネタリア」に写真掲載 (中学用副教材CD-ROM教育ソフト)
2000年7月 月刊誌「Sotokoto」 (ソトコト) 8月号
2000年11月 フランス・リール市立図書館企画展「Stenopephotographie」 公式カタログ(記念誌)
2000年11月 月刊誌「Macfan Internet」 12月号
2001年1月 朝日新聞(地方版)
2001年3月 船橋写真連盟会報に寄稿
2002年6月 神奈川新聞
2002年9月 ふなばし朝日(9.11)、マイ・タウン(読売系タウン紙:9.15)
2002年10月 芝浦工業大学 季刊誌「IA」 10/1号 (監修と写真寄稿)
2002年11月 イタリア・シエナ市 Visionaria展(ピンホール企画展) 公式カタログ掲載
2002年12月 アルバイト旭川・アルバイト北海道エリア版・函館シゴトガイド3誌(HPの紹介)
2003年2月 テレビふなばし「船橋電気絵巻」Voicesコーナーで紹介。2/6より2/12合計28回放送。
「ピンホール・フォトグラファー 林敏弘氏」
2003年4月 ニューヨーク在住日本人向けの雑誌や新聞(3誌)で個展とワークショップの紹介
2004年5月 テレビ朝日(5.16)とBS朝日(5.19)出演 「オトナゴコロ」 (こだわり My Life)
2004年7月 ふれあい毎日 (千葉県東葛版) : ピンホール写真活動の紹介
2005年3月 OMCカード情報誌 「Ji'yu'da」 05/03月号 ワンデイドライブ 見開き 取材撮影
2005年4月 東京新聞(首都圏版)
2005年7月 学研「CAPA」7月号 ”写真家になろう”
2005年8月 日本カメラ9月号  口絵 7ページ掲載 と口絵ノートにコメント等掲載
2007年8月 扶桑社文庫「スバラしきマニアの世界」(久我羅内さん著)
2008年4月 ピンホール写真芸術学会 学会誌創刊号 エッセイ寄稿
2008年8月 北海民友新聞他 
2008年8月 安曇野市広報
2009年3月 ピンホール写真芸術学会 学会誌第2号 作品寄稿
2009年6月 安曇野市 市民タイムス
2010年3月 ピンホール写真芸術学会 学会誌第3号 作品寄稿
2010年8月 PhotoStage誌 9月号 インタビュー掲載 (ギャラリーで立ち話コーナー)
2011年3月 ピンホール写真芸術学会 学会誌第4号 作品及びエッセイを寄稿
2011年8月 横浜ケーブルTV 取材「ピンホールカメラを作ろう」 中川地区センターワークショップより
2011年12月 PHaTPHOTO誌 2012年1・2月号 「ブタくんのトコトン実験記」 ピンホールカメラの製作を漫画で紹介。
2012年3月 ピンホール写真芸術学会 学会誌第5号 作品寄稿
2013年12月 ピンホール写真芸術学会 学会誌第6号 作品寄稿
2016年7月 「ギャラリー」 2016 Vol.8 今月の展覧会50+ に選ばれる
2016年7月 フォトテクニックデジタル誌 8月号 写真展情報
2016年7月

各ネット情報誌に掲載される。「デジカメWatch」「TokyoArtbeat」「レッツエンジョイ東京」「個展なび」「PHOTO SQUARE」「銀座新聞ニュース」「ITライフバック」
「ライブドアニュース」「アメーバニュース」 など

2016年7月 7月29日 読売新聞千葉版 十字路 「船橋の風景 ピンホール写真で -林さん 独特の味わい 32点-」」 
2016年8月 8月6日 船橋よみうり (一面カラー) 「船橋在住の林敏弘さん ピンホール写真展」 
2016年8月 8月7日 産経新聞千葉版(カラー) Face人物記 「船橋の魅力 優しい光で発信 -ピンホールカメラマン林敏弘さん-」
2016年8月 8月8日 千葉日報県西版 「童話のような船橋の風景 -ピンホールカメラで撮影 地元在住の林さん-」
2016年8月 8月29日 千葉日報県西版 東葛葛南クローズアップ ひと模様 「船橋の情景写し続ける」 林敏弘さん
2017年1月 New 新京成電鉄 おでかけ情報誌 「CiaO 」Vol.130 沿線紳士淑女録 No.126 「自然と都市とが調和する 船橋ならではの景色が好き」 ピンホール写真家 林敏弘さん
2017年4月 New My Funa (ふなばし再発見マガジン) 2017年5月号 「インタビュー こんにちは、ふなばし」 ピンホール写真家 林敏弘さん
 
収蔵  
2000年9月 Alliance Capital (New York USA)
2002年11月 Visionaria (Siena ITALY)
2008年8月 安曇野市豊科公民館
2010年7月 黒川INN美術館 「共星の里」
2011年3月 パストレイズ・ギャラリー(横浜)
 
インターネット  
1999年2月 Pinhole Photographer Directory (Pinhole vision http://www.pinholevisions.org/)
2000年6月 Zeroimage.com オンラインギャラリー (Gallery4  http://www.zeroimage.com)
2000年8月 NowTV ロンドン拠点のWEBTVに出演 (http://www.now.com)
2000年10月 東京写真文化館ディレクター篠原俊之氏 「とっておきの写真家」 評論掲載
2001年12月 Sketch of Gradation (西田浩二氏HP) ゲストフォトグラファー・オンラインギャラリー
2003年7月 ハンズ心斎橋店HPにて、夏休み工作ページとして参考リンク
2006年8月より ALL About Japan  Gookids
2009年10月 Poland ピンホール写真家サイト  http://fotografiaotworkowa.pl/
2011年8月 Poland ピンホール写真家サイト  http://fotografiaotworkowa.pl/ のマガジンコーナー特集掲載 
2011年11月より Photo Art & Craft 
  *その他リンクや推薦は多数

to top日本語トップページへ戻る