熊野古道1

5月26日 牛馬童子口
α7s+Zoneplate

初めての熊野古道。本気で踏破しているのはほとんど外国人、それもヨーロッパから来た人達が多かった。こちらはほんのサワリの2kmをガイドさんと歩く。それでも丸い石に滑りそうになったり。雨だったら大変だった。バス停では疲れてグロッキーになった白人ご夫婦がいた。崖側が崩れた場所が数箇所あった。いずれもイノシシのしわざだそうだ。タケノコを掘ったあととか。元棚田だった場所は草むらになっていて、外国人はよく座ったりするそうだが、イノシシがダニをこすって落とすとか。だから座ったらダニが移ってたいへんなことになると聞いた。マダニだったら大変だ。

雨上がりの朝・若葉

ゾーンプレート写真(ピンホールの仲間) 「雨上がりの朝・若葉」

 

5月22日早朝 船橋市海神

朝の散歩中に撮影。昨日工作してデジタルで使用できるようにしたゾーンプレートを利用しました。ピンホールより解像度は低いけれど、独特の光の美しさを表現できるツールです。写真はクリックすると拡大します。

ピンホール写真 「元は水田だった」

 

ピンホール写真 「元は水田だった」

手前に写っているT字型のパイプは、稲穂から雀を追う爆音機(というらしい)です。ここは4年前の同時期には、田植え後の水が空を映しとても綺麗な風景を作っていました。写真集にも載せました。でもこちらでももう作れる人が居なくなったようです。荒れてしまいました。(写真はクリックすると拡大します)

当時の写真はこちらに
http://www.toshi-photo.com/Dp_Select/Dp_pages/Dph_Best32.html

http://www.toshi-photo.com/DigitalPinhole/Dph13_Pages/PinImpres2_158.htm

当時と変わらないは近くの茂みから、雉の鳴き声が聞こえたこと。姿を見ることはできませんでしたが、今年も雄が複数いるようでした。